Subscribe:Posts

ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8

Home » ニュース/ブログ, 注目記事, 過去の日記(2014) » サウンドウーノ日記(2014年11月)



11月12日

今日の午後は、光栄にもエンジニアの青野さんにLA-2A講習をしていただく機会に恵まれました!!(青野さんとの写真、撮り忘れました。。)うちの2-LA-2とオリジナルのビンテージLA-2Aを聞き比べながら、2-LA-2の弱点の改善を試みます。まず真空管を上質なRCA製に変えるだけでかなり改善。そして更にT4セルも変更してみると、ビンテージと同等とまではいかないものの、私が物足りないと思っていた部分はほぼ改善されました。オリジナルビンテージの音をきちんと聞くと、今の機材の弱点も含め、いろんな事が見えてきますね。いや、もう本当に勉強になりました。青野さん、ありがとうございました!

141112


11月13日

昨日のLA-2Aのお話の続きです。既に廃番ですが、リイシューにあたる2-LA-2とビンテージLA-2Aを聞き比べた時、アタックとリリースの色気みたいなものが結構違う事に気付きました。

まず2-LA-2の真空管を良質なRCA菅に変えた時、流石にビンテージには劣るものの、アタックの感じがかなり改善されました。そしてここで分かったのが、2-LA-2とビンテージとでは、リリースがかなり違うという事。私が2-LA-2に持ってたモヤモヤとした違和感は、実はリリースの感じの違和感だったんだと明確に分かりました。2-LA-2はリリースが早いんです。

写真は現行Universal AudioのT4セル。背の高い方がリイシューLA-2A用で、低いのがLA-610や2-LA-2用です。背が高い方だと2Uに入らないのです。ここで別の理由でたまたま手元にあった現行のロングT4セルを、真空管を良質な物に変えた状態の2-LA-2にはめてみたところ、そうそう、この音!!って感じになりました。LA-2AはやっぱりT4がキモなんですね。

ここで疑問なのが、このT4のロングとショートで変わるリリースの感じは、個体差によるものなのか、それとも光学式だから、長い方がリリースが遅くなるのか、、ものすごい素人考えですが。。そしてもしロングでないとこのリリースにならないのなら、3Uにしてでもロング変えるべきなのかも迷うところ。

でも内部を調整して好みの状態にしていく過程って、ものすごい楽しいですね。昨晩早速ebayで真空管をいくつか発注しちゃいました。当たりだといいなぁ。。ちょっと泥沼にハマり始めてます。

141113


商品のご購入/ご予約/お問い合わせは
TEL: 03-3568-8363 E-Mail: info@sounduno.com

1 2 3 4 5 6 7 8
関連記事
© 2014 サウンドウーノ 機材コーディネーター 宇野克郎 · Subscribe:Posts