Subscribe:Posts

Home » Viennaレポート, レポート記事 » Vienna Ensemble Proを使う(その3)


前回の記事では前々回に続き、Vienna Ensemble Pro(以下VE Proと表記いたします)をWindows Vista 64bit環境で専用機として使用した際のメリットを取り上げさせていただきました。

今回は1台のDAWマシンの中でVE Proを併用するメリットについてです。

現状では、ことOS X環境では、DAWは32bit仕様になっております。ついにネイティブ64bit対応のSnow Leopardがリリースされたものの、64bitカーネル起動ができるマシンは限定されている上に、アップル社純正DAWのLogic Pro 9ですら64bitでは動作していない状況です。

多くのDAWが32bit仕様であるが故に、メモリの使用上限が常に付きまといます。Logic Pro 9ではおよそ2GB強が実メモリの使用上限になり、他のDAWでも良くて実メモリを2.5GB前後までしか使用することができません。32bit仕様のWindows XPでは2GBが完全な上限です。現状では大容量プラグイン・シンセの使用量も自ずと限られてしまうのです。

しかしDAWマシンの中でVE Proを併用することで、この状況をある程度回避することができます。まずDAWマシン上で、Vienna Ensemble Serverを待機状態にします。

 

VEPro-DAW4

この状態でDAW上にVE Proのプラグインを立ち上げると、以下のように “localhost” という名前でリストアップされるのはこれまで述べてきた通りです。

 

VEPro-DAW5

この “localhost” を選んだ状態で “CONNECT” ボタンを押すと、自動的にVE Proが起動いたします。

ここまでのVienna Ensemble関連の記事をお読みいただいた方はもうお分かりかと思いますが、この状態ですとDAWとVE Proは別アプリケーションとして扱われるため、それぞれの使用メモリの上限までプラグインを立ち上げることが可能になります。

ここで以下のようなプロジェクトを作成してみました。Logic Pro 9の内部で7つのプラグイン・シンセを立ち上げ、localhostとして接続された同コンピュータ内のVE Pro側では14個のプラグイン・シンセを立ち上げました。それぞれにいくつかの大容量ライブラリものを使用するようにしております。

 

VEPro-DAW6

この状態でアクティビティモニタを立ち上げ、メモリの使用量を確認してみました。

 

VEPro-DAW7

サウンドウーノのMac Proは10GB分のメモリを搭載しているのですが、上のアクティビティモニタをご覧いただければお分かりの通り、空きメモリが652.35MBになるまで実メモリを使い切っております。DAWマシンにせっかく大容量のメモリを搭載したとしても、1台のDAWでは使い切ってくれないという32bit環境のジレンマを、VE Proを併用することでかなり回避できるわけです。

この使用方法でももちろんトータル・リコールは可能ですので、DAWとVE Proとの画面を切り替える多少の煩わしさはあるものの、十分導入するに値するメリットがあるのではないかと思います。

余談にはなりますが、実はVE ProはOS X環境でも64bitで使用することができます。これはSnow Leopardでなければ動かないわけではなく、OS X 10.5.7以降でしたらLeopaedでも動作するようです。(今回はMac OS X 10.5.8を使用しております。)

前回の記事のWin Vista 64bitの時と同様に、32bit版のVienna Ensemble Pro Serverと64bit版のVienna Ensemble Pro Serverを同時に待機させることができます。

 

VEPro-DAW8

この状態でDAW上にVE Proのプラグインを立ち上げると、下の画像のように64bitの “localhost” もリストアップされます。

 

VEPro-DAW9

ここでいざ64bitの “localhost” を選択して “CONNECT” ボタンを押し、立ち上がってくる64bit版のVE Proを見てみると、選択できるAUプラグインはAppleの「DLSMusicDevice」とSpectrasonicsの「Stylus RMX」のみです。(Vienna Instrumentsは通常通りに使えます。)

 

VEPro-DAW10

9月18日のニュースでStylus RMX 1.9.0eが64bitのOS X版をリリースしたものの、確かめられるアプリがない旨を書かせていただきましたが、ここで図らずも本当に64bitに対応していることが確認できたわけです。


以上、本当に久しぶりに超気合いの入った記事になりましたが、Vienna Ensemble Proの感動をいち早く皆様にお届けするために数回に渡って特集してまいりました。いかがでしたでしょうか?VSL社の代理店であるクリプトン・フューチャー・メディアさんに確認を取ったところ、Vienna Ensemble Proの国内パッケージ販売が決定したそうです。10月下旬頃の発売予定になっております。


これまでVSL社の製品にはとりわけ力を入れてきた上に、コンピュータの音源化に幾度も取り組んできたサウンドウーノに取って、Vienna Ensemble Proはぜひとも多くのクリエイターの方にお薦めしていきたいアプリケーションです。

サウンドウーノでは、Vienna Ensemble Proを併用するDAWシステムの構築から、Windows 64bit版を使用したVienna Ensemble Pro専用機の製作、そしてそのネットワークの構築に至るまで、これまでに培ってきたノウハウを存分に活かしたシステムのご提案をさせていただきます。ぜひお気軽にご相談ください。


商品のご購入/ご予約/お問い合わせは
TEL: 03-3568-8363 E-Mail: info@sounduno.com

関連記事
© 2009 サウンドウーノ 機材コーディネーター 宇野克郎 · Subscribe:Posts