Subscribe:Posts

ページ: 1 2

Home » ニュース/ブログ, 新着情報!, 注目記事 » 新着情報(2019年10月〜12月)



11月1日

AVIDからPro Tools 2019.10がリリースされました。

AES2019での告知通り、ビデオエンジンが4k及び60フレームに対応になった他、多くのバグフィックスが含まれております

『Pro Tools 2019.10 Release Notes』


11月1日

サウンドウーノのPro Toolsを2019.10にアップデートしてみました。確かにフレームレートの選択が大幅に増えております!

ProTools201910


11月15日

SteinbergからCubaseシリーズの10.5がリリースされました。有償バージョンアップになります。

EQ/スペクトラルカーブ比較といった新機能や新しいプラグインの追加、そして他DAWでは実現していた機能を多く追加するなど、とても魅力的なバージョンアップとなっております。

『Cubase 10.5 の新機能』


11月15日

Universal AudioからUADソフトウェア v9.11がリリースされました。新たに加わったプラグインは Avalon VT-737 Tube Channel Strip、Sonnox Oxford SuprEsser DS、Diezel VH4 Amplifierの3つです。

Avalonがパートナーに加わったのは正直驚きました。コンプやEQなど、今後のラインナップに期待です!そしてSonnoxのSuprEsserは以前より評価の高いディエッサープラグインです。ApolloシリーズでしたらREC時に使うこともできますから重宝する場面も多そうです。UADの快進撃はまだまだ止まりませんね!

(追記)
macOSでは10.15 Catalinaに対応!ただ対応OSはHigh Sierra、Mojave、Catalinaとなり、Sierraは除外されましたのでお気を付けください。

https://www.uaudio.jp/uad/downloads?utm_source=drip_broadcast&utm_medium=email&utm_campaign=2019+-+November+9.11+Launch&fbclid=IwAR0wjdiog_YZ1A5Kcjg39pXs6yVwe0BlITTv3_PHxzfK2F3iYFC66KEcsY0


11月26日

Native Instrumentsより、現行の全製品について、macOS 10.15 Catalinaでの動作を確認できたとの正式発表がありました。旧製品であるKontakt 5も動作OKとのことです。

『macOS 10.15 (Catalina) – Native Instruments製品との互換性』


11月30日

reFXからNexus 3がリリースされました!メーカーWEBを拝見していただくとお分かりの通り、画面が大きくなり視認性が一気に上がった他、アルペジエーター、エフェクト、シーケンサーなどが追加されております。

そして何よりも大きなアップデートは、eLicenserドングルによるオーサライズが無くなりオンライン認証になったことです!オーサライズにはドングルのシリアルまで管理されていたのでライセンスの移動がかなり面倒でした。

新規での購入は250ドル(お得なライブラリとのバンドルもあります)、Nexus 2からのアップグレードは99ドルになっております。

https://refx.com/nexus/


12月19日

機能を制限する形でmacOS 10.15 Catalinaに対応したPro Tools 2019.12がリリースされました。機能の制限については以下のページをご参照ください。

『macOS Catalina上のPro Toolsでサポートされるファイル・タイプ』


商品のご購入/ご予約/お問い合わせは
TEL: 03-3568-8363 E-Mail: info@sounduno.com

1 2
関連記事
© 2020 サウンドウーノ 機材コーディネーター 宇野克郎 · Subscribe:Posts