Subscribe:Posts

ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

Home » サウンドウーノ日記, ニュース/ブログ, 注目記事 » サウンドウーノ日記(2019年1月)



1月7日

もっと早くから来るつもりだったけど、結局今日から出勤。そして年末のセールで買ったプラグインのインストールと、この休暇中に買ったCDのリッピング。

Pro Tools Ultimateのサブスクリプション加入中の方は”Avid Complete Plugin Bundle”のライセンスも使えると思うのですが、いつの間にやらアップされてたAvid Complete Plug-In Bundle 18.10 インストーラーの中に、これまたいつの間にやら登場してた304C Compressorと304E EQというプラグインが含まれております。

AVID304Bundle


1月8日

昨年暮れに届いて年末年始に車で何度も聞いてたけど、昨日スタジオで聞き直して、そこからずっとリピート再生中。ロイヤルフィルハーモニー・シリーズは全部買ってるけど、カーペンターズを出すために組まれたシリーズと言っても過言でない素晴らしい仕上がり!

元々カーペンターズの音源はリチャードが何度もリミックスを繰り返してるので、これまでにこのシリーズで出たロイ・オービソンやアレサに比べると、この盤でなくても比較的現代的な音で聞けるアーティストだと思うけど、リミックスとはもう全然次元が違う。

オケ部分のダビングも行なっているので、オケの帯域幅が大幅に改善、それに合わせてカレンのボーカルをとてもふくよかで艶やかに仕上げてる。もうカレンが昨日吹き込んだんじゃないかという生々しさで、きちんとした再生装置で聞くとまるで目の前にカレンが居るよう。涙ちょちょ切れます。いいスピーカー買っといて良かった。。

ミックスやアドオン・ダビングにちょっと違和感を感じる箇所がないわけではないし、個人的にはこの手のダビングを含むリミックスものって総じてオリジナルを超えないと思っているけど、こんなカレンのボーカルが聞ける日が来るのなら、大いにウエルカム!勘ぐり過ぎかもしれないけど、完璧主義のリチャードだからちょっと制作期間足りなかったんじゃないかと思っていて、デラックス盤とかの体裁で追加曲入れて出して欲しいなぁ。

41YNWXGRf4L
カーペンターズ・ウィズ・ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団


1月8日

もう1枚この年末年始に購入したCDを。アレサのシングルA/B面コレクション、もちろん全てモノラル音源!シングル盤モノ音源の迫力ってアナログならではの味だから、ちょっと前までのモノ音源のCD化っていまいちピンとこない場合が多かったけど、最近はその点も加味した良リマスターが多くなってきた。大音量で聞いてるともうすごい迫力と音圧!でもモノ音源はやっぱりアナログで聞かないとと、こちらもアナログ盤をポチッと。散財してるなぁ。。w

81xpZs-avrL._SL1500_
The Atlantic Singles Collection 1967-1970 Aretha Franklin


商品のご購入/ご予約/お問い合わせは
TEL: 03-3568-8363 E-Mail: info@sounduno.com

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
関連記事
© 2019 サウンドウーノ 機材コーディネーター 宇野克郎 · Subscribe:Posts