Subscribe:Posts

ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9

Home » サウンドウーノ日記, ニュース/ブログ, 注目記事 » サウンドウーノ日記(2018年5月)



5月26日

久しぶりに映像として見たけど、そら死人出るよね。すごい迫力。


5月27日

家族のMacBookメンテで就寝がこの時間になるのはどうなんだろうか。自分の仕事のスキルがプライベートで役立つ腕の見せ所な機会なんだけども。思いの外時間がかかった。寝ます。。


5月29日

藤本さんのレポート、大変興味深く拝読いたしました。今回はハイレゾWAVマスターをカッティングマスターにされたのですね。アマゾンのカスタマーレビューを見ると日本盤の音がするとおっしゃてる方がいてまた興味深いです。極力ノーコンプノーEQのハイレゾ音源をマスターにすれば(記事を読む限りでは今回はマスタリング済みのハイレゾ音源?)カッティングの技術次第ではオリジナル盤を超える可能性もある気はいたしますが、ハイレゾ化の際に既にテープが劣化してる事も多々あるでしょうし、オリジナル盤の壁はなかなかに高そうです。やっぱりオリジナル盤をこつこつ探すのが吉なのかな。でも気合の入った再発盤も応援したいはしたいんですよねぇ。

『ソニー復活のレコード一貫生産。「ニューヨーク52番街」制作の裏側を聞いた』


5月30日

何の気なしに見出してしまったアマゾンプライムのガンダムUCを見終わる。2回目。そう言えば前見た時にFBに感想書いたよなぁっと思って見直したけど、思ったことはほぼ同じだった。もうこの流れがガンダムの一つのスタンダードなんだろうなぁ。


5月30日

今回の日大の問題、これまでに見てきた問題と重ねてる方が多いのかもしれない。業績アップを強要されて粉飾決済を繰り返した上場企業。政治家の証言を守るために公的文章の改ざんを行った官庁。この内田さんの存在、日大ほどの組織になんで?とは思うけど、なぜだかそれほど驚きもしない。


5月31日

一昔前は、「上手くいく確証なんてないけど、なんとかなると思った」若者に、「やってみろ!責任は俺が取る!!」って言ってくれる大人が今よりも遥かにたくさん居たのかもしれない。私にも入社数年目の私にやりたい事を任せてくれた上司が居た。今でも心から感謝している。

今私はこの自己肯定感を育む過程に一番興味があるかもしれない。少し勉強したいとさえ思ってる。一番影響力を持つのが親なのは間違いない。文章を見てハッとしたのは「長男は潰され、次男が伸びて、三男はもっと伸びる」ってとこ。確かに私三男だ。典型的な末っ子体質だと思う。

昨今よく日本を「自信をなくした」と形容する時があるけど、人々の自己肯定感が密接に関係してように思う。日本はどこか「根拠のない自信」を否定する空気があるし、自己肯定感を見せると謙虚さが足りない的に見られる流れがあると思うけど、自己肯定感を持って生きる事がもっと推奨されるだけでもいろいろ変わってくるのではないかと思ってる。

『成功を掴む人に共通する「根拠のない自信」を育む方法 花まる学習会 高濱代表』


5月31日

全然デモにもなってないけど『Vienna Synchron FX Strings I』、インストールしたばっかりでどこに何のサンプル入ってるか何も分からないまま適当にキースイッチ押して適当に鍵盤押さえてみました。音いいなぁ。


「サウンドウーノ日記(2018年6月)」へ→

商品のご購入/ご予約/お問い合わせは
TEL: 03-3568-8363 E-Mail: info@sounduno.com

1 2 3 4 5 6 7 8 9
関連記事
© 2018 サウンドウーノ 機材コーディネーター 宇野克郎 · Subscribe:Posts